婦人

ヒアルロン酸注入でプルプル肌のメリハリボディを作る!

美容関係の場で活躍

注射

美容外科の場や化粧品売場などで、「ヒアルロン酸」という言葉をよく耳にします。このヒアルロン酸とは、いったいどのようなものなのでしょうか。ヒアルロン酸は、もともと人間の体内にある成分の名称です。優れた保湿性を持つ成分ということで知られており、化粧品には保湿成分の1つとして使われることが多いです。ヒアルロン酸が人気を得ている理由、それはこの優れた保湿成分に秘密があるのです。人間は、加齢とともにヒアルロン酸が減少し、それに伴い肌が乾燥していきます。ヒアルロン酸の減少は、肌の乾燥だけでなく、体の各所にも悪影響を及ぼします。体内の水分が減っていくにつれ、関節痛や動脈硬化を起こす可能性を高めてしまうのです。逆に言えば、ヒアルロン酸を体内に改めて取り入れることで、これらの症状の改善や予防などを図れるということです。ヒアルロン酸は卵巣にもある成分なので、生理痛や生理不順の改善にも効果があると言われています。もちろん肌の乾燥を防ぐ効果もあるので、アンチエイジングにも有効的です。ヒアルロン酸は副作用を起こさない成分であることから、最近は豊胸手術にも利用されるようになりました。永久的な効果こそありませんが、安全性の高さ、そして手軽に受けられる豊胸手術のアイテム(方法)として多くの女性に支持を得ています。豊胸手術以外にも、鼻を高くしたり唇を厚くしたりするのにも効果的です。ヒアルロン酸は様々な使い道のある優れた成分なのです。

ヒアルロン酸を使った美容整形の方法は数多くありますが、その中でも特に認知度が高いのが豊胸方法の1つである、「ヒアルロン酸注入法」です。現在豊胸手術の方法は、「バッグ挿入法」や「脂肪注入法」、そして「ヒアルロン酸注入法」、この3つが主流となっています。どちらも高い豊胸効果を期待できますが、安全性の高さで考えると断トツでヒアルロン酸注入法が上だと言えるでしょう。バッグ挿入法のように異物を体内に入れずに済み、また脂肪注入法のように縫い跡が残るようなこともありません。注射跡は残りますが、全く目立ちません。さらに手術後はダウンタイムがとても短いので、他の方法とは違い早く自宅に帰ることができます。値段がリーズナブルであるという点もヒアルロン酸注入法のメリットの1つと言えます。

ヒアルロン酸と一口に言っても、その種類は実に豊富です。レスチレンは、いくつかあるヒアルロン酸の種類の中でも特に認知度が高いものです。初心者でも安心して使うことのできる種類の1つでもあります。レスチレン・パーレインは、レスチレンよりも粒子が大きく、効果の持続性が高めです。豊胸の場で使われることが多いヒアルロン酸は、ハイアコープと呼ばれる種類です。他にも、唇用のヒアルロン酸であるレスチレン・リップや歯科で使われることの多いレディエッセなど、様々な種類があります。それぞれ異なる特徴を持っているので、用途や目的に応じて使い分けられています。どのヒアルロン酸を使用するかは、医師と相談しながら決めることができます。